So-net無料ブログ作成

断層判断「不十分」 [ニュース]

断層判断「不十分」=事前会合で専門家ら―大飯原発・規制委

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121023-00000167-jij-soci

福井県おおい町にあります関西電力大飯原発の敷地内で、岩盤の亀裂(破砕帯)が
活断層と連動する可能性が指摘されている問題で、
原子力規制委員会が専門家らを集めて11月の初めに行う現地調査の事前会合が23日に、
東京都内で開かれました。
これまで関西電力の調査や、旧原子力安全・保安院の審査が不十分だとの指摘が続出しました。

 保安院や関西電力は敷地内の破砕帯について、含まれている岩石などから活動の時期が古く、
動く可能性はないと判断していました。

 現地調査のメンバーで、産業技術総合研究所の重松紀生主任研究員の話では
「飛躍があり、これだけで判断するのは難しい」と指摘しています。

信州大学の広内大助准教授も、
破砕帯の上にある地層と同じ地層を広範囲に調べて、
形成時期を把握する必要性があると訴えました。

技術の進歩できっといろんなことが解明されていくんでしょうね。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。