So-net無料ブログ作成

イシンバエワ敗れる [ニュース]

<世界陸上>2年前の悪夢が再現…イシンバエワ敗れる

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110830-00000115-mai-spo

2年前の悪夢が再現されてしまいました。

イシンバエワは自身の世界記録より約40センチも低い4メートル65を一度クリアしたのみの結果でした。

白熱する優勝争いをよそに、寂しそうに帰り支度を始めたそうです。


前回大会はスタートから4メートル75、4メートル80を3回連続で失敗しました。

まさかの「記録なし」で「2日間も泣いた」といいます。それほどくやしかったのでしょうね。

この日は4メートル65から跳び始めて、一発で成功しました。

しかし、前回同様、4メートル75が鬼門になりました。

他選手が次々に成功して、心理的に圧迫されたかもしれませんね。

1回目は太ももがバーに触れてしまい、4メートル80に上げた2回目も失敗しました。

ポールがしなりすぎて、最高到達点がずれていたそうです。


「調子は良かったけど、ポールが柔らかすぎた。私のミス」とイシンバエワのコメント。

最後は反発力のある硬めのポールに替えたものの十分に曲げられずに、体はバーの高さまで遠く届きませんでした。

 失意の前回大会直後。5メートル06を跳んで屋内も含めて27回目の世界新記録を樹立しました。
しかし、心は満ち足りないそうです。

昨年4月、一度は休養を宣言しました。

その間に、若者を対象とした第1回ユース五輪の親善大使を務めて、「若い選手の目に宿っている情熱を感じ、刺激になった」と意欲を取り戻しました。

今季は15歳の時に才能を見いだしてくれたコーチから、約6年ぶりに指導を受けているそうです。


原点回帰を図ったはずだっのですが……。

 大会側が作製する日々のプログラムの表紙を飾る「顔」の選手は、ウサイン・ボルト、ダイロン・ロブレスら初日から3日連続で失格などの憂き目に遭っています。この日の表紙はイシンバエワだったということでしょうか。

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。